脂肪注入で豊胸できるおすすめクリニックはこちら!

憧れの美乳になるために!

豊満なバスト、憧れますよね。

 

大きなバストにきゅっとしまったウエスト、きれいなお尻から細い足のライン。

 

美しいボディラインは全女性があこがれるものです。

 

ウエストのくびれや美脚はエクササイズなどで手に入れられますが、胸の問題はそう簡単ではありません

 

バストアップに良い体操やグッズを使っても、なかなか胸が大きくならない…。そうお悩みの女性は多いです。

 

豊満な美乳を手に入れる方法には、「脂肪注入」という施術があります。

 

この施術は確実に豊胸効果があるため、コンプレックスに感じているバストを、自分の憧れのサイズにアップさせたり、キレイな形を手に入れられます。

 

仕上がりはとても自然で術後の違和感も少なく、アレルギーや副作用といった心配もありません。そしてなにより、体の余分な脂肪を使うので、ボディラインを整えることもできてしまいます。

 

しかし、脂肪注入はリスクゼロではありません。医療施術になります。安全に脂肪注入をするためには、クリニック選びがとても大切です。

 

当サイトでは、実績をはじめ、価格帯や利用者の口コミ評判をもとに、脂肪注入施術を行っているクリニックをリサーチしました。ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいませ^^

脂肪注入施術のおすすめクリニック ランキング

池田ゆう子クリニック

おすすめポイント!

バストを大きくしたい!脂肪注入を希望している方に、安全性のあるクリニックとして『池田ゆう子クリニック』が当サイトイチ押しです。こちらは、”脂肪注入法専門クリニック”であるため、数多くの実績があり信頼性があります。

 

脂肪注入の豊胸手術では切開は行いません。局所麻酔を行い、注射器で1tずつ脂肪を注入します。バストの形をみながら医師が施術を行うので、美しい仕上がりと評判もよく、しこりの発生率はわずかに0.1%以下と技術力が高いのもポイントです。

 

なお、手術時間は1時間ほどで、日帰りで受けられるようになっています。お支払いについては、医療クレジットの利用で60回の分割が可能です。また、少しずつ豊胸するプランも用意されています。

 

料金 35万(詳しくは公式サイトにて)

 

公式サイトへ

ガーデンクリニック

おすすめポイント!

ガーデンクリニック』では、大きいだけでなく美しいバストを目指している方をサポートする施術を行っています。4種類の豊胸手術を用意。脂肪注入法では、局所麻酔が基本となっています。

 

数tずつバストに脂肪を注入していき、美しいバストラインに。術後のアフターケアも◎

 

痛みやむくみといった症状の解消を促す丁寧なマッサージで、自然バストをサポートします。

 

料金 19万(詳しくは公式サイトにて)

 

公式サイトへ

THE CLINIC

おすすめポイント!

THE CLINIC』は、バストサイズに悩んでいる方向けの専門外来になります。無料カウンセリングを用意しており、お気軽にお申込みいただけます。

 

少人数制という点が特徴で、そのため安心感もあり利用しやすいと評判です。

 

手術では点滴静脈麻酔を採用しており、わずか5分ほどで麻酔が効きます。負担も少なく、日帰りで手術を受けられます

 

料金 120万(詳しくは公式サイトにて)

 

公式サイトへ

脂肪注入による豊胸施術の副作用「しこり」について

確実にバストのサイズアップをする方法に「豊胸手術」があります。

 

豊胸手術の手術方法はいくつかありますが、その中でも「脂肪注入」という方法に当サイトでは注目しています。

 

体についた余分な脂肪をバストに注入する方法であるため、余分な脂肪を減らしてバストアップができるというメリットがあります。

 

また、自身の脂肪を使うため、ほとんど術後のトラブルはなく、安全性が高いとされています。

 

手術後の仕上がりも自然に見えるため、理想的なバストを作りたい方におすすめの方法になります。

 

ただし、100%術後に何も起きないわけではありません。ごくわずかといえど、それなりにリスクはあります。

 

脂肪注入による豊胸手術においてよく見られるのが、「しこり」ができるというトラブルです。

 

脂肪を注入したあと、内部が液状の状態のときや、固まって硬化することなどによって、胸元にしこりができることがあります。

 

おっぱいにできるしこりは、一般的に乳がんの兆候があるのですが、この場合は病気とは関係ありません。乳がんの場合は、乳腺組織の乳管や小葉から起こるのですが、脂肪注入では乳腺を避けて施術を行うので、そういったことはありません。

 

しこりができたとしても、それはがんではないので安心してください。ただし、がんによって発生している可能性もありますから、気になる場合は早めに検査を受けるか、施術を受けたクリニックに相談してみてください。

 

また、しこりを回避するためには、手術を受ける前にそれぞれの情報を把握し、実績が豊富なクリニックを選びましょう。

脂肪注入によってできた「しこり」は取れる?

豊胸手術にはいくつかの方法があり、従来はシリコンを入れる方法がポピュラーでしたが、ヒアルロン酸注入や脂肪注入といった方法が確立され、近年では安全性や仕上がりの良さから脂肪注入がとても注目されています。

 

脂肪注入による豊胸手術では、余分な脂肪をバストにまわせるメリットがあり、ほとんど副作用のリスクがないのですが、術後に「しこり」ができることがあります。

 

ちなみに、ピュアグラフト豊胸やコンデンスリッチ豊胸といった方法においても、しこりのトラブルがあるとのことです。

 

脂肪注入によるしこりは、がんなどではないため、そのままでも健康状態に問題はありません。乳房内で脂肪が壊死したものがしこりになり、小さいものなら、時間経過によって吸収されます。

 

しかし、直径が1センチ以上の大きめのしこりの場合は、体内に残ることも多いです。

 

もしも、しこりができたときには、早めにクリニックで相談してください。遠方の場合は、お近くの婦人科などで相談することも検討してください。がんによって発生している可能性もあるため、まずはしこりが脂肪注入によるものかを確かめる必要があります。エコー検査などによって確認することができます。

 

検査の結果で「石灰化」と診断されたら、それは脂肪注入によるものです。しこりが石のように硬化している状態を石灰化と言います。体液に含まれるカルシウムの結晶が、皮膜に沈着することで発生します。皮膜のまわりに炎症が起きている状態です。

 

このようなしこりは取り除くことができるのですが、すべてをきれいに除去するには切開が必要になります。

 

しこりはできるだけ避けたいトラブルですので、手術を受ける前にしこりを作らないために、実績のあるクリニックを選びましょう。また、しこりができるかについても含めて、医師とよく相談してから手術を行ってください。

豊胸以外の脂肪注入施術〜アンチエイジングに良い?〜

バストアップには、グッズを使う、マッサージやバストアップに良いものを食べる、栄養をとるなど、さまざまな方法があります。しかし、自分自身でできることには限られていますし、効果については個人差があります。

 

確実に胸を大きくするなら、やはり「豊胸手術」です。従来はシリコンなどが主流でしたが、今はずっと安全で自然な仕上がりの「脂肪注入」の方法が一般的になりつつあります。

 

脂肪注入では体の余った脂肪を吸引し、それをバストに少しずつ注入していきます。自分の脂肪を入れるため、体に合わないといったトラブルもほとんどありませんし、仕上がりが美しく自然という点も評判になっています。余分な脂肪がとれるという点もメリットとして評判です。

 

そんな脂肪注入という施術は、豊胸以外の目的にも用いられています。体のさまざまな部位に用いられますが、共通するのが「アンチエイジング」です。いわゆる若返り、エイジングケアに役立つことから、美容クリニックで用いられています。

 

たとえば、シワやたるみなど、年齢を感じさせる肌トラブルの改善です。肌のたるみを伸ばすために、ヒアルロン酸やコラーゲンを注射する方法もありますが、これらの方法は効能の期限が短いことです。大体1年ほどで効果はきれるので、定期的に注射しないと維持できませんでした。

 

一方で、脂肪注入を活用すると、ヒアルロン酸注射などのデメリットがないのです。脂肪の注入量の約30〜40%は永久的に残るとされているため、効果の持続性が高いです。

 

また、自分自身の余った脂肪を使用するので、体に合わないなどの副作用もなく、一般的に注射での注入になるので、危険性もほとんどありません

 

顔の中では、どこが気になる部位になるでしょうか。「目元」のシワやたるみが気になるという女性は多いです。年齢を重ねて、眼尻あたりにシワやたるみができて、余計に老け込んでみえるなど。くぼみの深みが出て、実年齢より老けてみられやすいものであり、しかも人目につきやすい部分です。

 

脂肪注入は目元などのピンポイントにも行える方法です。メリットの多い方法であるため、これから先、ポピュラーな美容施術になるのではないでしょうか。

脂肪注入の手術後は安静にすべき?仕事はできる?

脂肪注入で豊胸できるおすすめクリニックはこちら!美容手術の方法も時代とともに進化しています。

 

バストアップ効果のある豊胸手術では、従来はシリコンを入れたり、ヒアルロン酸を注入する方法が一般的でした。

 

しかしそれぞれ、持続性があまり高くないなど、デメリットも少なくありません。

 

そんな中近年注目を集めている「脂肪注入」という方法は、自分の脂肪を使うという点から安全性が高い、持続性も高いなど、メリットの多い方法として話題になっており、ポピュラーになりつつあります。

 

一般的に切開することはほとんどなく、脂肪を吸引してからそれを、注射によって胸に注入していく方法になります。もちろん麻酔を使用した手術ではありますが、基本的に日帰りで行っています。

 

いくら安全でも、手術であることには間違いありません。そのため、体にある程度の負担をかけるものです。一般的な外科手術と同じように、脂肪注入の場合も術後はなるべく安静にすべきです。

 

脂肪吸引をした部分は、手術から約1週間後に抜糸を行います。それまでの間に、激しく体を動かすなどのように負担をかけてしまうと、傷口が開いてしまう恐れがあります。

 

仕事をはじめ、家事や運動などに関しても、なるべく行動量は抑えるようにして下さい。体に負荷がかからない程度の作業にとどめましょう。仕事については、事務仕事やデスクワークなどの職務内容であれば、問題なく手術の翌日より出勤可能です。ただし、痛みが出ているときなどは無理しないでください。

 

体をむりに動かしたり、余計な負荷をかけてしまうと、手術自体が成功したとしても、痛みや腫れの症状を招いてしまう原因になります。キレイなバストのためにも、術後数週間は無理は禁物です。

 

運動は体系維持に必要になりますが、最初は軽いウォーキングなどから始めるようにしてください。

 

手術後は長い目でみて、約1か月間は体の痛みが落ち着くまで体の調子とよく相談しながら活動するようにしましょう。

フェイスラインをすっきりさせる顎の脂肪注入

脂肪注入で豊胸できるおすすめクリニックはこちら!顔の印象は相手に与える第一印象です。年齢問わず多くの女性が気にしている顔の悩みが、「フェイスライン」です。

 

顔の輪郭は顔のイメージを決めるカギになります。

 

横から見たときの横顔がキレイにみえると、印象にも大きな違いが出るものです。横顔がキレイという印象を持たれる条件というのが、鼻の頭と、唇やあごの輪郭をむすぶエステティックラインという部分が一直線であることとされています。

 

しかし、日本人は一般的にあごが引っ込んだ骨格をしているので、キレイなラインになりにくいとされています。

 

美しいフェイスラインを求めて、あごの整形を行う方は少なくないようです。あごを削り、シャープにする方法もありますが、ここ最近注目されているのが、脂肪注入です。

 

豊胸手術の方法としてポピュラーになりつつある脂肪注入は、顔への施術も注目を浴びています。たとえば、たるみやシワが気になり始めた目元への施術ではアンチエイジング効果があります。

 

そして、あごへの注入により、フェイスラインをすっきりとみせて美しさを引き出す方法があります。

 

あごに脂肪注入をする場合は、日本人に多い骨格の、あごが引っ込んでいる状態に適しています。このような骨格の方が施術を受けると、輪郭をいい方向へ調整できます。

 

あごの手術なので、咀嚼などに影響し、手術前から手術後までの期間は注意事項があります。仕事など、日常の活動に影響するのですが、余裕があるなら施術も検討してみてはいかがでしょうか。

 

術後おおよそ3日ほどは包帯をつけることになります。また、気になる料金ですが、注入回数やクリニックによっても異なります。相場をみてみると、おおむね15万円から20万円ほどとなっています。

 

脂肪注入の整形手術は、体の不要な脂肪を欲しい部分に移せること、自分の脂肪であるため、拒絶反応のリスクがなく副作用のリスクがほとんど無い、などのメリットもあります。

 

あごの手術が気になっている方は、実績のあるクリニックでまずはカウンセリングを。