そもそも、バストが小さいのはナゼ?

そもそも、バストが小さいのはナゼ?

胸が小さいと、「貧乳」と言われたり、「ペチャパイw」と言われたり。相手に悪気がなくても、こちらがコンプレックスに感じていると、侮辱されているような気分になりますよね(苦笑)
でも、このコンプレックスは解消することができます!

 

そのためには色々とケア方法があるのですが、その前に『原因』を知ることが重要!

 

どうして、胸が小さいのか――。
考えたことはありますか?
一般的に【遺伝性】とされていましたが、実は最近の研究によると、女性ホルモンが最も関係しているようです。

 

バストサイズは人それぞれ違いがありますが、大きさには乳腺の発達具合で決まると言われています。
乳腺の「ラクトゲン受容体」が関係していて、成長ホルモンの働きで膨らむことから、成長期にホルモンが活性化していると胸が大きくなりやすいようです。

 

成長ホルモンは成長期に多く分泌されますが、大人になってからも分泌されるホルモンです。
ただこのホルモンの分泌は、食生活や睡眠など生活習慣が影響します。つまり、悪い生活習慣では成長ホルモンの分泌も少なくなってしまいます。

 

成人し社会人ともなると、さらに環境の変化やストレスなどによって、成長ホルモンの分泌が減り、バストだけでなく肌荒れなどの原因にも。

 

まとめると、規則正しい生活を送りながらストレスと上手く付き合い、ホルモンの分泌を整えることにより、バストアップも夢ではないのです!
ホルモン分泌が上手くいっていない状態でバストケアをしても効果が薄れてしまうので、まずは生活から見直した方が無難です。

 

また、サイズの合っていない下着を身につけているとバストサイズに影響するので、まずは適切な下着を身につけることも重要です。
そして、胸へのマッサージやストレッチで刺激を与え、美乳を作りあげましょう!