豊胸手術について

豊胸手術について

確実にバストアップする方法といったら、やはり豊胸手術でしょう。
手術なら、時間もかからず、胸を大きくすることができます。

 

豊胸手術と言っても、いくつか種類があります。

 

有名な手術法では「バッグ挿入法」です。これはシリコン製のバッグを乳房の中に埋め込む手術です。
手術部位を切開してから、バッグを挿入することになります。ただし、バッグは永久的に持続するわけではないので、定期的に取り換える必要があります。
また、何かの拍子で内側で破裂したり、異物感によって関節などが痛むこともあります。
ちなみに費用は、100万円ほど(両方で)と考えておきましょう。

 

次に「脂肪注入法」です。バストの中に、自分の不要な脂肪を取り除いたものを注入する方法です。
大変な手術のようですが、意外にも日帰りで可能です。
また、要らない脂肪を取り除けるところもメリットです。ただし、痩せ型の人にとっては向いていません。
施術後に痛みを感じたり、黒ずむなどのトラブルがあらわれるケースもあります。
費用については、脂肪吸引も含め、50万円から100万円ほどかかります。

 

最も手軽な手術法としては「ヒアルロン酸注入法」が注目されています。
文字通り、バストにヒアルロン酸を注入する方法です。ハリを出すために行う方もいらっしゃいます。
持続性は1〜3年ほどで、これも定期的に手術を繰り返す必要があります。
この手術法の予算は、ヒアルロン酸量などによって異なります。
1ccが約3,000円とすると、1サイズアップには150cc必要となるため、おおよそ90万円ほど費用がかかります。

 

以上の豊胸手術は確実にバストアップすることができますが、失敗のリスク、他にもさまざまなデメリットがあります。ですから、信頼できる医師を頼り、よく相談し、すべてを理解した上で手術に踏み切ってください。

 

不安要素としては、体の中に異物を入れるため、体調を崩すこともあります。
シリコンバッグの場合は、破裂するリスクがもっとも注意点です。また、いずれも永久的な持続性ではないので、定期的にケアが必要になり、日常生活でもマッサージ(胸を堅くしないために)する必要があります。