ヒアルロン酸注入法のメリット・デメリット

ヒアルロン酸注入法のメリット・デメリット

バストアップ施術(豊胸手術)の部類でも、手軽に受けやすいのがヒアルロン酸注入です。
バストの中にヒアルロン酸を注射器で注入する方法で、確実にバストアップすることもできます。
しかし、この方法にはメリットがあれば、デメリットもあります。

 

☆メリット
・バストアップだけでなく、ハリを出す効果も
・体に傷をつけなくて済む(切開やメスを必要としないこと)、キズが残らない
・アレルギー反応を起こしにくい
これらがメリットですね。
また、カウンセリングを十分に行い、注入する量や部分を的確に選定することで、自分の理想的な形を作ることもできます。

 

★デメリット
・費用がかかる
・永久的に持続しない、定期的なメンテナンスが必要

 

ヒアルロン酸注入は豊胸手術の種類の中でも手軽なところがメリットですが、費用は決して安くありません。
ヒアルロン酸1ccあたり約3,000円します。
1サイズアップを希望する場合、片側だけで150cc必要になるので、単純計算でも約90万円ほどかかるところが難点です。
しかも、永久的に持続するわけでなく、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくため、キレイな形をキープするためには定期メンテナンスが必要になります。

 

他の豊胸手術に比べるとリスクは低い方法ですが、このようなデメリットもあるので、理解した上で利用するようにしてください。