普段用のブラジャーの選び方

普段用のブラジャーの選び方

バストアップするためには補正下着も便利なのですが、まずは普段使いのブラジャーを見直してください。
自分のサイズにピッタリのブラジャーを使っていますか?
サイズは変化することがあり、サイズが合ってないものを使っていると形崩れなどの原因になります。

 

自然体の状態ではバストのトップ部分が、下着をつけたときとサイズが変わってしまうことがあります。ですから、ブラジャーをつけた状態で測定した方が、適切なブラジャー選びができます。
自分自身でも測定することができますが、下着専門店などに出向き、スタッフさんの力を借りて測定してみましょう。
人に知られるのは恥ずかしいかもしれませんが、正確なサイズを知り、適したブラジャーを身につけるために必要です。

 

 

 

 

 

 

 

ブラジャーの身に着け方

 

自分にピッタリのブラジャーを選んでも、着け方が間違っていると、形が崩れるなどのトラブルが起きてしまいます。
まず、ブラジャーを新調したら、ある程度ストラップの位置を調節してください。ストラップはきつ過ぎても緩すぎても不快感があり、胸のバランスが崩れてしまうので、適度に締めるようにしましょう。

 

それから、ブラジャーをつけていきます。
まずは、アンダー部分をあてて、少し前屈してホックをとめてください。
その後、わき腹などのお肉を全部胸に押し集めるようにします。これでボリュームが演出できます。また、下のお肉もブラジャーの中に詰め込むように入れていきましょう。
すると、谷間ができて、キレイなバストが演出できます。

 

最後にもう一度、ストラップのきつさを確認し、ちょうどいい具合に調節してください。
よく、ブラジャーをつけるときに背中のお肉をブラの中に集めるとボリュームアップすると言われていますが、背中よりも、胸まわりの脂肪を入れ込むようにしてください。こうすることで自然と矯正され、バストアップ効果が生まれます。

 

胸は脂肪でできているので筋肉と違って柔らかいため、合わないブラジャーや、身に着け方が間違っていると垂れてしまいます。垂れた胸は美しくないので、キレイなバストを作るためにも、適切なブラジャーを選び、正しく装着しましょう。